前回の続きです。

紹介状を出され大きな病院に行くことになりました。
キレイな建物だなーなんて思ってたんですがまさか病院だったとは。

まず体重測定をしました。
体重を計ってビックリしました。





つい最近はかったときは7.4kgだったのに700gも減っていたのです。
たったの2日で体重の約10分の1が減ってしまったのです。
体重測定のあとはアレルギー検査の為採血をしました、

そして診察。



やはりみーの湿疹は酷いと言われました。
全身をしっかり診てもらいました。
そしてステロイド治療を提案されました。
アレルギーミルクは飲んでも変わらないようだったら今日からでも戻していいと言われました。
合わないミルクを与え続け脱水させかけてしまった事を反省しました。
ステロイドは不安でしたが先生を信じることにしました。

一般的にいうステロイドをやめて再発を家事に例えて説明されました。



家=皮膚 炎=アトピーの炎症 水=ステロイド ですw
炎症の部分だけにステロイドを塗る。
炎症はおさまり治ったと思いステロイドを止める。
ところが肌の奥の見えないところにはまだ火種が残っている。
その火種がある限り炎症は何度でも起こるという事でした。

良くなったらすぐ止めるようにという医師もいるけど、それでは治らないと言われました。
そして「アトピーはステロイドを使って治す病気」とキッパリ言われました。
ステロイドを使わないで治る人もいるけど、それはその人に合っているからということ。
合わない治療では治らない人は治らないと。
その他にも色々と話は聞きましたが、少し考え方が変わりました。

そして塗り方の説明をされました。
本当は教育入院を勧められたのですが上の子もいるし付き添いができなさそうだったので断って自宅での治療にすることにしました。




量は、たっぷり。塗るというより置く感じでベッタリ塗ります。
炎症を起こしている部分は皮膚がめくれあがりうすくだとそのめくれたところに薬が届かないそうです。
だからそのめくれた部分もしっかりと薬で覆うように言われました。
そしてきれいなとこも含め全身に朝晩たっぷりと塗るように言われました。
そんなに塗って本当に大丈夫なのかかなり心配になりました。

もらった薬の量にもビックリ!




アルメタとワセリンの混合のステロイドをどっさり。
1週間分と言われましたが、ものすごい量でした。
これを使い切るようにと言われました。
その他に、日中はヒルドイドでマメに保湿。頭にはリドメックスを処方されました。
あと下痢には下剤をもらいました。

みーのステロイド治療が始まりました。



★ベビマの資格を取得したその後の記事はこちら

★マタハラ店長と揉めた記事はこちら
★保育園ママの1日はこちら
★無痛分娩体験記はこちら

★アトピーの治療経過についてはこちら