みーの湿疹は日に日に、広がりジュクジュクになり、常に汁が出ている状態になっていきました。
全身はがさがさ。ところどころに湿疹あり。
みーは頭の中までうろこ状になっていました。
干からびた地面のような感じです。



ほっぺと耳が痒くてこぶしでゴシゴシしたり、私の服でスリスリして掻いていました。

なーと同じ皮膚科に行きましたが、治療方針は同じなので超酸性水です。
そして悪いところはモクタール。
もうね、汁が出てて薬のりません。
でもできるだけ分厚く塗ってなんとか塗ったんですが…





すぐその辺にあるものを顔に持っていくのでモクタール取れまくり、その辺につきまくり。

みーは手足が紫でした。
皮膚科の先生に、血のめぐりが悪そうだから朝は絶対お湯につかれと言われました。
薬をつけたらお風呂に入って落とすというのは守っていたけど塗らない日も毎日お風呂…。
考えただけで疲れます。

浴槽にお湯をためるのは大変なので、処分したばっかなのに再びベビーバスを買って沐浴をしました。







私の朝はハードに。
みーのお風呂と超酸性水、着替えが終ったら次はなー。
それに加え旦那の弁当作りや洗濯、なーの朝ごはんがあるのでもうグッタリでした。

皆でこんなに頑張ってるのにね、全然良くならない。
迷ったけど当時のみーの写真載せますね。
顔は赤く腫れ、汁で光っています。
{2EE2C537-FD9C-4431-BBFF-BB6355A36D5B:01}

{53F285EA-5E53-4CBF-8B5F-D0F217D249B0:01}
これはまだマシでした。

痒くて痒くてたまらないだろうに。
それでもあやすと笑うんです。



こんな風に満面の笑みで。
私はこの笑顔に何度も助けられました。
やれることはやっているのに日に日に酷くなる苛立ち。
少し良くなった!と思っても次の日には悪化。
その繰り返し。
本当に本当に、限界でした。
他人からの視線が痛かった。
みーを連れて外にでるのが嫌でした。

もうどうしていいのか解りませんでした。
病院に言っても言われることは毎回同じ。
(決して病院を批判してるわけではないです)

一番辛いのは子供たちなのに、それでも笑顔を見せてくれる。
絶対絶対治してあげるって心に誓いました。
どんなに他人から哀れみの目で見られても世界で一番可愛いんだから!

なんて親バカですいません!



★ベビマの資格を取得したその後の記事はこちら

★マタハラ店長と揉めた記事はこちら
★保育園ママの1日はこちら
★無痛分娩体験記はこちら
★アトピーの治療経過についてはこちら