だいぶご無沙汰しております…。

4月29日の祝日から昨日まで長い長いゴールデンウィークでした。
兄弟そろって体調を崩し、手足口病になるわ脱水しかけるわで、しまいには入院で3歳は老け込みました。
ブログもどこまで書いてたっけ…と忘れてたよ
では続きを書こうと思います。

いよいよ陣痛促進剤投与です。
人生で初の点滴です。痛いのが嫌いなのでドキドキ。



なんだろう、点滴ってしたことないからわからないんだけどすごい下手だった気がする。
すっごい痛かったんです…。
外した後も真っ青。今も忘れてないのでかなり根に持ってます。
この時、部屋には5人くらいいたのかな?
なんか今日は急に破水やら陣痛が来た人が多いと言っていました。
満月の前日の日だから?とか思ってたり。

ほぼ無痛希望の人なのですが、そうじゃない人もいます。
隣でずっとずーっと「痛い…いたぁぁぁぁぁい…」と言ってるんです。
これにビビる私。
そして隣の人がいよいよ出産で分娩室に運ばれていきました。





そして少しするとものすごい絶叫が聞こえてきて更にびびりました。
看護師に麻酔効くのか確認してしまったw
麻酔が効かなかったらきっと壮絶な痛みなのだ。もうドキドキでした。

促進剤投与していても陣痛らしい陣痛はありませんでした。
普段から生理痛すらほとんどないない私。
きっと陣痛がきたらすぐわかるだろう。

麻酔のタイミングどうしよう…と悩んでいました。
自分の好きな時にしてくれるという話だったけどその麻酔も痛いし…。
痛いのは嫌だし…
そこでたどり着いた結論は、ある程度の陣痛が来てからしてもらうという結論でした。
陣痛があれば麻酔の痛みがごまかせる、そう思ったのです。

この結論を後悔するなんてこの時は思いもしませんでした。

その時は急にきたのです。



急に痛みが加速しだしたのです。
えぇ、それはもう物凄い勢いで。
その痛みは規則正しく、確実に痛みを増してやってきました。
痛みが来るたびシーツをにぎりしめ↑の絵のようになっておりました。
麻酔…麻酔!!!!と思うも看護師が近くにいない!
何かあったら呼んでくださいね~とか言ったくせに近くにいない!
すいません、と言えばいいのだけど。なぜ言わなかったのだろう。

やっと看護師が現れたので麻酔要請




まさかの順番待ちぃぃぃぃ!!!!!

先をこされてしまったのです。



★ベビマの資格を取得したその後の記事はこちら

★マタハラ店長と揉めた記事はこちら
★保育園ママの1日はこちら
★無痛分娩体験記はこちら
★アトピーの治療経過についてはこちら