診察までの待ち時間、私は頭が真っ白になっていました。
無痛分娩する気満々でいたので、どうしたらいいんだと。
私はきっと自然分娩には耐えられない(大げさ)。
せっかく大阪からはるばる来たのにとか、別の病院に行くべきか…とか
色々な事が頭を巡りに巡っていました。
そして、予約無理なのに診察なんかしたくない…と。
診察なら大阪でしたし余計なお金がかかるし。
待ち時間が無駄だ、帰って検索魔になりたいと思っていました。
何度帰ろうかと頭をよぎったか…しかし私は呼ばれるのを待ちました。

そしてこの選択が間違っていなかったのです




YES!!!!!!!!!!!!
神のお言葉。
どういうわけか1つ空きがあったらしく予約にこじつけることができたのです。

診察も終わりさっきまでの私とはまるで別人。
夢の無痛分娩ができる!!!!とウキウキ輝いていました。
次は32週にある無痛分娩の両親学級にくるようにと言われました。
この両親学級を受けないと無痛分娩はできないらしい。

そしてお会計をしに自動精算器へ。


目を疑いました。



★ベビマの資格を取得したその後の記事はこちら

★マタハラ店長と揉めた記事はこちら
★保育園ママの1日はこちら
★無痛分娩体験記はこちら

★アトピーの治療経過についてはこちら