さて!無痛分娩の体験記を書こうと思います。
興味を持ってる人も多いはずなのでダラダラと体験談を書きたいと思います。



私が無痛分娩を知ったきっかけは20歳くらいの頃テレビを見てたらやっていたからです。
私は昔から痛いのが嫌いで歯医者でも必ず麻酔をお願いするようなチキンでした。
出産は痛いものと思っていましたが無痛分娩を知り、出産する時は絶対無痛と決めていました。
たまたまテレビでやっていたのは県内の病院でした。

そして29歳の冬、私は妊娠することができました。
妊娠には3週の時にもしや…?と思っていましたがちょうど会社で泊まり込みの研修があり調べることができませんでした。
そして4週ちょうどの時に検査したら陽性!
分娩予約は早くしたほうがいいと何かで見たのですぐ病院に電話しました。





分娩の予約をしたいと言うと…とりあえず来い!話はそれからだ との事でした。
病院は関東、自宅は関西……。
すぐには行けない。でも予約するには行かなくてはいけない。
なんとか仕事の都合をつけ、2週間後に行くことにしました。
偶然に偶然が重なり行くと決めた日にちの少し前に祖母が亡くなり連休を取ることができました。

実家と同県内といってもうちはど田舎で病院まで1時間半もかかりました。
電車乗ってバス乗って…やっと着きました。
そして問診票を書き、順番を待つ事数十分。

やっと呼ばれました。
予定日確定ではなかったですが最終生理日からの計算だとおそらく出産は10月。
そして医師にとんでもないことを言われたのです。





10月は既に満床だと……。
ここは大学病院。ベッドの数もそれなりにあるだろう。
みんなどんだけ早く予約してるんだ。
この2週間で予約が埋まってしまったようです。
せっかくだから診察しときましょうって言われて「嫌です」なんて言えなかった…。

つづく。



★ベビマの資格を取得したその後の記事はこちら

★マタハラ店長と揉めた記事はこちら
★保育園ママの1日はこちら
★無痛分娩体験記はこちら
★アトピーの治療経過についてはこちら