こんにちは!

今日は生きていれば父の72回目の誕生日でした。
父は70歳の時亡くなりました。
そこまで若いわけじゃないけど亡くなるにはまだ早い年齢だと思います。

私はタイトル通り父が嫌いでした。
そんな父の事を書くのは不謹慎ではないかとずっと悩んだ末、色々と思う事があり父の誕生日を機に少し父の事を書く事にしました。
思う事とは70歳で亡くなったという「ある原因」が現代社会において他人事ではないと思う人が沢山いると思ったからです。

身内の死を記事にするなんて、と思う方もいるかもしれません。
不適切な表現もあるかもしれません。
苦手な方はスルーしてください。


BDFD0C1A-2F5C-4787-B169-BD6E3CA76939


父がパーキンソン病になったと母に言われました。
パーキンソンって手足が震えて最終的には寝たきりになる病気というイメージ。


1084252B-016F-40CA-AAB8-AE77BBF486A7


父はここ数年、手術や入院をしましたが一向に回復する気配がありませんでした。
あまりにも治らないので別の病院にいって診断されました。
この頃の父は帰省する度にどんどん痩せていっていました。
あんなに若々しかった父が皮と骨だけに近いお爺さんになっていくのが目に見えてわかりました。


F302C798-E6CD-4E52-BE8D-22B17443CBA0


私は最低な娘です。
父の病気より介護で母が苦労する事に絶望しました。
弟妹は地元にいるけど家族が父の介護に振り回されるんじゃないかと。
施設には入れるの?仕事は?この先どうなるの?と思いました。


3E511D08-F668-4F65-88F9-7B5CC9618CE4


調べると近年は医学が進歩してすぐには寝たきりにならない事も多いとか。
どうして嫌いになったかは書きませんが、父は家族を失望させた人です。
母は長年苦労してきたと思います。
だから天罰が下ったんだと思いました。
天罰が下っても母にまた迷惑をかける事になる父が許せませんでした。


DF6ED2F2-6BB0-474F-A217-2F0454B85615


パーキンソン病になったからと言ってすぐに動けなくなるわけではありません。
手足の震えもまだそこまで深刻なものではなく、自分の足で立って歩けるし食事を摂る事もできます。
帰省をする度に母に横暴な態度をとる父を見ては嫌気がさしました。
まだまだ元気そう…悪い意味でそう思いました。
ハッキリとは書きにくいけど、つまり…そういう事です。

そして帰省していた日。


47C65F1A-EBEB-410C-B93B-B8709BE800D8


私の名前を呼ぶ声で目が覚めました。
それは父の声でした。
何事かと思い部屋を出ました。


E3F30CF9-7683-426D-A96E-EF8880B08F69


脱衣所から声が聞こえたので脱衣所に行くと、驚く光景が目に飛び込んできました。


つづきます。

つづきはこちら





楽天ROOMはじめました★
購入品や欲しい物など色々載せてます~!
楽天ROOM (1)